marico niwa (marinco-maringo)

*世界で一つだけのキラキラを届ける編み人*

 名古屋市千種区池下駅の近くの住宅アパート二階に、ニットブランド「marinco-maringo」のアトリエショップがある。一歩入ると、中はまるで別世界。見ているだけで幸せな気持ちになってしまうような、たくさんの編み物が置いてある。ヘア小物、アクセサリーや洋服、どれを見ても思わず身に着けたくなってしまう。そんな人の心をくすぐる編み物を製作しているのは、笑顔が素敵な丹羽麻利子さん。

 

 丹羽さんは、もともとファッションが好きで以前はセレクトショップでバイヤー兼販売員として働かれていた。そんな時、お店のオリジナル商品の立ち上げに携わったことが編み物を始めるきっかけとなった。お裁縫は苦手で不器用だと言う丹羽さん。不安を抱えながらも、くさり編みの練習から始まり、商品を作るようになったのだ。

 

 丹羽さんは、その後販売員をやめ、自身のブランドを立ち上げることとなる。最初は、今こうして編み物を続けるなんて思ってもいなかったと言う。現在アトリエを持ち、ニット製作を続ける背景には、当時セレクトショップに来てくれていた、丹羽さんのニット商品を愛用するお客様の大きな存在があった。「編み物をやりたくて続けているというよりは、お客様がいるから、私は編み物をしている。その人だけの一点ものを作りたい。」と心境を語ってくれた。

 

丹羽さんの作り出す作品、一本で編まれている物もあれば、一つに何種類もの毛糸や素材が使われている物もある。独学とは思えない色使いや組み合わせだ。「最初に色を決めるのではなく、編んでいるうちにバランスを見て色を加えていく。絵の具を混ぜるように色や生地を混ぜていく感覚です。」と話してくれた。いくつもの毛糸が混ざり合っても、ばらばらには見えず一つのまとまりを感じさせる丹羽さんの作品は、人の心を惹きつける。「編み物は練習をすれば誰でもできるけど、色は自分しか出せない。」という丹羽さん。作品一点一点が色鮮やかで、きらきら輝いて見える。

 

もちろんデザインだけではない。機能性も魅力的である。シュシュのリピーターは「留まりが良くて使いやすい。」という言葉が多いと言う。「ピアスは軽くしたり、使ってもらえないと意味がないので工夫しています。」と話してくれた。

marinco-maringoのキャッチフレーズ。「世界にひとつだけのキラキラをお届けします。」という言葉。てっきり、作品が色鮮やかできらきら輝いていることからできた言葉と思っていた。しかし、「キラキラの意味は、皆が作品を見た時に、笑顔がキラキラしているから。」という意味だった。

 

 「今後も少しずつだけど、いろんな作家さんとのコラボやイベントの企画など新しくて楽しいことをやっていきたい。」と話してくれる丹羽さん。marinco-maringoはきっとこれからも多くの人々を笑顔にする作品を作り続けてくれるだろう。

 

※上記の内容はすべて取材当時のものです。