渡辺猛

*歴史を重ねていく一枚板*

 きれいな川が流れ、緑が生い茂る岐阜市芥見の町。木工インテリアを制作する渡辺猛さんの自宅からも、その自然に満ちた景色が広がり、メジロのさえずりが聞こえた。渡辺さんはここで一枚板のテーブルをメインに、様々な作品をつくり出している。朗らかな表情で木工の楽しさについて教えてくれた。

 

-「一枚板のテーブル」-

 渡辺さんにとって、木工制作の原点は意外にもスピーカーの箱づくりだった。もともと物づくりが好きで趣味として始めたのだが、作るとどんどん面白くなり、それ以来ずっと続けてきたという。当時は合板を使い、基本の真四角だけでなく、曲線を入れたり、時には背丈ほどの大きさの物も制作したりしていたそうだ。

そんなときに出会った、ある一つのテーブル。それは美術の先生が作ったという一枚板のもので、愛用してもう30年ほどにもなるという。その机の表面には、小さな傷やいくつかのコップの跡が残されていた。「こうやって汚れるのがなんかいいなー、と感じて一枚板のテーブルを作りたい!って思ったんだ。」と渡辺さんは言う。

 

渡辺さんが語る一枚板の魅力は大きく分けて二つ。一つはこのように生活感が残ること。

「きれいに使うのもそれはそれでいいけど、熱いものを置いたら少し跡が付いちゃうくらいのがいいなって思うんだよ。例えばあの時こぼしちゃったやつだなーとか、あの時ここで頭打ったなーって思い出すくらいのがちょうど良いんじゃないか。『使ってたんだな』って歴史が残る感じがいいと思うんだ。」と渡辺さんは語る。

 

そしてもう一つは、木目がきれいに出ること。薄く削いだものを重ね、歪みを補正した合板は、確かに成型しやすいメリットがある。しかし、木目において本物の木にはとうてい敵わない。長い年月を積み重ねて形成された一本の丸太から生まれる一枚板だからこそ、その木目の美しさは本当に魅力的なのだと教えてくれた。


-木工の楽しさ-

 渡辺さんの作品には、分解して折りたたむことができる机や、薄い板を分厚い板に見せかけて組み立てた机など、一見気がつかないところに工夫を施したものが多い。「木工の楽しさっていうのは、やっぱり構造を考えることだな。」と渡辺さんは言う。「作ってみたらお蔵入りになってしまうものもあるけど、いかに使いやすく、いかにきれいに見せ、いかに丈夫にするか。これを考えるのが大変だけど一番おもしろい。」と教えてくれた。

 

 渡辺さん宅の一室に置いてあった、一枚の大きな栃の木のテーブル。これはパン教室を設けている奥さんのために、パンを練りやすく腰が痛くならない高さを考えて制作したものだった。渡辺さんは使う人のために利便さや美しさ、そしてユニークさも兼ね備えた、独自の構造を作り出してくれるのだ。


-おもしろいと思ったものだけ

一枚板のテーブルの他にも、渡辺さんの自宅には好奇心から作り出されたという様々な木工作品があった。例えば大きな日本ミツバチの箱。これは昨年近所の神社にミツバチが巣を作ったことから始めたものだという。「その場で蜜をとってみたらすごくおいしくて、自分で蜂蜜を作ろうと思ったんだ。」と嬉しそうに話してくれた。

他にも火鉢を入れる机や、表面全体が凸凹した木で作られたついたてなどジャンルは多種多様。「難しいことは考えない。おもしろいと思ったものだけを形にしていくんだ。」

 

自宅で保管している様々な種類の木材を見ながら、

 「これは栃の木で、こっちはかりんだよ。」

 「これは杉の木で、やわらかいけど木目がきれいに出るんだよ。」

 「こっちのクリの木はおとなしい木だよ。」と笑顔で教えてくれた。 

  これらの個性ある木も、渡辺さんの手によってさらに表情を変え、新しい作品として生まれ変わっていく。

 

 ※上記の内容はすべて取材当時のものです。